HOME>障害年金を知ろう!>障害年金の受給事例>【不支給後、再申請】うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

【不支給後、再申請】うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:女性(40代)/就労中⇒休職

傷病名:うつ病

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約230万円

決定した年金額:約106万円

ご相談時の状況

様々な体調不良で複数の病院に通院しながら、生活の為に無理をして働いていたが、障害年金をもらえないかと思いネット検索してお問合せをいただきました。かなり無理をして働いておられる状況から、難しいかもしれないが可能性はゼロではないと考えました。詳しくお話をお聞きすると、20年以上前にご自身で障害年金の手続きをしたのですが対象外の傷病で不支給だったことがわかりました。

ご依頼から申請までのサポート

さまざまな症状と継続する体調不良で複数の病院を受診後、慢性疲労症候群と診断されるも特に治療はなく、別の病院を受診した時に精神科受診を勧められ、うつ病と診断されました。その後、通院の都合で別の精神科に転院しました。「慢性疲労症候群が悪化してうつ病を発症した」との認識をご本人が転院先の医師に相談しましたが「まだ診断書は書けない」と言われ、書いていただけるのはしばらく先となりました。10軒以上の病院を受診していること、どこが初診とされるかわからない状況、手続きを進めるうちに状況が変わってきたことから、病歴の整理に苦慮しました。ようやく書類を揃えて年金事務所に提出し、受付されましたが、「もう一つ初診日証明をとってください」と返戻になりました。追加の書類を揃えて提出し数か月後、「20数年前の傷病と因果関係が認められたため、その初診日証明と、その間の病歴を出してください」と、再度の返戻。年金機構の倉庫から前回の書類一式の控を取り寄せてもらい、初診日証明のコピーは原則不可とのことであらためて病院に依頼しました。

結果

受付から7か月後、障害厚生年金2級が決定しました。長く、大変な手続きでしたが、一緒に頑張ってきて本当に報われました。ご本人は「これからは、はりつめていた気持ちを少しゆるめ、治療に専念していきたい」とおっしゃっています。障害年金の受給により、少しでもほっとしていただけることが何より嬉しいです!

 

障害年金の受給事例の関連ページ

無料相談実施中 「障害年金のHPを見た」とお伝えください! ご相談の流れはこちら
  • よくあるご質問
  • メールでお問合せ
  • ご相談の流れ
  • 料金表

浜松・静岡障害年金
相談センターについて

事業所概要

運営:アイアール障害年金相談センター

〒430-0935
静岡県浜松市中区伝馬町313番地の24伝馬町中央ビル7F

アクセスマップ

【電車:遠州鉄道】
新浜松駅徒歩6分

ザザシティーから徒歩2分

053-413-5510

【お問い合わせ時間】
平日 9:00?18:00

メールからお問い合わせ

障害年金相談表ダウンロードはこちら障害年金相談表ダウンロードはこちら
PDF相談表はこちら
WORD相談表はこちら