HOME>障害年金を知ろう!>障害年金の受給事例>【就労中】【初診日不明】統合失調症で障害厚生年金3級を受給できたケース

【就労中】【初診日不明】統合失調症で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者:男性(50代)/短時間勤務

傷病名:統合失調症

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:約175万円

決定した年金額:約58万円

ご相談時の状況

フルタイムで働きたいが病気で無理があり、短時間勤務であまり人と話さなくて良い仕事をしていました。働いていても受給できるケースがあると私共のチラシで知り、お問い合わせくださいました。「初診日が30年前で、当時のカルテは残っていない、次に受診した病院も廃院になっているが、どうしても手続きをしたい」とのことでしたので、初診日の証明が一番のポイントであることをお伝えし、ご本人の強い希望で依頼をお受けしました。

ご依頼から申請までのサポート

まずは初診日の手がかりを探すため、具合が悪くなった頃からの病歴を詳しくお聞きしました。年金事務所で出してもらった職歴と照らし合わせ、就職後に発症、受診したことがわかりました。3番目と4番目に受診した病院に証明をいただくと、前医はあるが受診時期は不明で証明としては不十分でした。当時のことを知っている人も、その他の参考資料もなく、頼りはご本人の記憶のみで「もう無理だから手続きをやめる」と電話がありました。しかし、ここであきらめてしまうのはあまりにももったいないとお伝えすると「何かないか探してみるが、一旦ストップして下さい」とのこと。2か月後、「最初に受診した病院の初診日はわからないが『入院証明』がとれた」とのご連絡が。他にも「こんなもの参考になるのかなぁ」と2番目の病院から貰った冊子が出てきました。あとはできる限りの資料を集めて手続きを進めました。診断書の作成もすんなりといかず、「医師を怒らせてしまったから書いてもらえない」でストップ、2か月後「診断書を書いてもらえることになった」と連絡がありました。出来上がった診断書は記載方法で訂正が必要な箇所がありましたが、これまでの経緯から「訂正をお願いしづらい」とおっしゃるご本人を説得するなど、根気強く進めました。

結果

障害厚生年金3級が決定しました。

「こんなに大変だとは思わなかった、もうやめる」とストップしたり、「人から『無理だ』と言われたからやってもしょうがないんじゃないか」と相談を受けながらの手続きでしたが、無事受給が決定しました。

「信じられない…ありがとうございます」と喜んでいただけ、途中であきらめなくて本当に良かったです!

 

障害年金の受給事例の関連ページ

無料相談実施中 「障害年金のHPを見た」とお伝えください! ご相談の流れはこちら
  • よくあるご質問
  • メールでお問合せ
  • ご相談の流れ
  • 料金表

浜松・静岡障害年金
相談センターについて

事業所概要

運営:アイアール障害年金相談センター

〒430-0935
静岡県浜松市中区伝馬町313番地の24伝馬町中央ビル7F

アクセスマップ

【電車:遠州鉄道】
新浜松駅徒歩6分

ザザシティーから徒歩2分

053-413-5510

【お問い合わせ時間】
平日 9:00~18:00

メールからお問い合わせ

障害年金相談表ダウンロードはこちら障害年金相談表ダウンロードはこちら
PDF相談表はこちら
WORD相談表はこちら