HOME>障害年金を知ろう!>障害年金の受給事例>腰椎椎間板ヘルニアで障害厚生年金3級を受給できたケース

腰椎椎間板ヘルニアで障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者:男性(50代)/休職中

傷病名:腰椎椎間板ヘルニア

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:約170万円

決定した年金額:約58万円

ご相談時の状況

ご相談にお越し下さったのは、首と腰の手術を3回して、術後症状が回復せず休職されている時でした。

職場の規定で休職期間が終わると病気退職となってしまうこと、その後も仕事ができない状態が続くと思われるため、専門家のアドバイスが聞きたいとのお話でした。

ご依頼から申請までのサポート

手術を繰り返しても症状が良くならず、いくつか転院しながら治療を続けておられました。職場の人手不足、安静にしていても痛くてどうしようもなく動いているしかないことから気力と鎮痛剤でなんとか仕事を続けていたが休日はほぼ1日中臥床している、という大変な状態にもかかわらず、担当医に理解されていませんでした。日常生活の支障について詳しいレポートを作成し、診断書を依頼しましたが、出来上がった診断書は計測もなく、日常生活の支障もほぼ無しという内容、再度のご確認にも応じていただけなかっため、別の整形外科にあらためて診断書をお願いすることになりました。こちらの病院ではしっかりと計測して下さいました。日常生活の支障や受診状況については、病歴申立書に経緯がよくわかるよう記載しました。

結果

障害厚生年金3級が決定しました。

認定日請求でしたが、認定日の診断書の内容から事後重症での認定となりました。また審査の途中で返戻があり、提出から決定まで半年もかかったことが残念ですが、無事決定して喜んでいただけました。

障害年金の受給事例の関連ページ

無料相談実施中 「障害年金のHPを見た」とお伝えください! ご相談の流れはこちら
  • よくあるご質問
  • メールでお問合せ
  • ご相談の流れ
  • 料金表

浜松・静岡障害年金
相談センターについて

事業所概要

運営:アイアール障害年金相談センター

〒430-0935
静岡県浜松市中区伝馬町313番地の24伝馬町中央ビル7F

アクセスマップ

【電車:遠州鉄道】
新浜松駅徒歩6分

ザザシティーから徒歩2分

053-413-5510

【お問い合わせ時間】
平日 9:00?18:00

メールからお問い合わせ

障害年金相談表ダウンロードはこちら障害年金相談表ダウンロードはこちら
PDF相談表はこちら
WORD相談表はこちら