HOME>障害年金を知ろう!>障害年金の受給事例>【就労中】変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給できたケース

【就労中】変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者:女性(50代)/会社員

傷病名:変形性股関節症

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級(永久認定)

決定した年金額:約58万円

ご相談時の状況

人工関節挿入の手術を控え、痛みが増し仕事の内容を見直してもらっているが障害年金は受給できるのでしょうか?近くで相談できるところがあるとチラシで知ったので、とご相談いただきました。

ご依頼から申請までのサポート

手術前にご依頼いただきましたので、術後すぐに診断書を依頼できるように準備、診断書を依頼するタイミングのアドバイス等させていただきました。

出生時に特に異常なく、子供の頃も大人になってからも何の支障もなく過ごしておられましたが、出来上がった診断書に「(レントゲンにより)先天性のものと思われる」旨の記載がありました。そのため、出生から現在まで、何の支障もなく過ごしていたことがわかる資料(スポーツをしている写真や成績表等の記録)を揃えて申請しました。

結果

障害厚生年金3級が決定しました。

申請から決定まで4か月以上かかり心配しましたが、無事厚生年金で決定し、「証書が届きました、色々とありがとうございました」と喜んでいただけました。

 

障害年金の受給事例の関連ページ

無料相談実施中 「障害年金のHPを見た」とお伝えください! ご相談の流れはこちら
  • よくあるご質問
  • メールでお問合せ
  • ご相談の流れ
  • 料金表

浜松・静岡障害年金
相談センターについて

事業所概要

運営:アイアール障害年金相談センター

〒430-0935
静岡県浜松市中区伝馬町313番地の24伝馬町中央ビル7F

アクセスマップ

【電車:遠州鉄道】
新浜松駅徒歩6分

ザザシティーから徒歩2分

053-413-5510

【お問い合わせ時間】
平日 9:00?18:00

メールからお問い合わせ

障害年金相談表ダウンロードはこちら障害年金相談表ダウンロードはこちら
PDF相談表はこちら
WORD相談表はこちら