HOME>障害年金を知ろう!>障害年金の受給事例>【就労中】(片足)足関節上部切断で障害基礎年金2級を受給できたケース

【就労中】(片足)足関節上部切断で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:男性(60代)/会社員

傷病名:(片足)足関節上部切断  

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

決定した年金額:約78万円(永久認定)

ご相談時の状況

 私共のチラシを見てご連絡くださいました。

赤ちゃんの時の火傷がきっかけで小学生の時に片足の足首の上から切断し、以後何十年も義足の生活を送っておられましたが、それまで、このような制度があることをご存じなかったとのことでした。

ご依頼から申請までのサポート

50年以上前の子供の時の資料が残っておらず、身体障害者手帳の診断書のコピーをとりよせる等、できる限り古い資料を集めるところからスタートしました。切断日も不明で、義足を手掛かりに市町村の担当課や義足作成業者に確認をとったりしながら少しずつ情報を集めていきました。「明らかに20歳前に切断していた」ことを証明できるものは入手できず、第三者の証言を集めて提出しました。現在の診断書についても記載モレ等の確認と補足依頼を何度かさせていただきました。

結果

障害基礎年金2級が決定しました。

制度自体が知られていないことで受給していない方がまだまだおられると思います。最後まであきらめずに請求できて本当に良かったです!

障害年金の受給事例の関連ページ

無料相談実施中 「障害年金のHPを見た」とお伝えください! ご相談の流れはこちら
  • よくあるご質問
  • メールでお問合せ
  • ご相談の流れ
  • 料金表

浜松・静岡障害年金
相談センターについて

事業所概要

運営:アイアール障害年金相談センター

〒430-0935
静岡県浜松市中区伝馬町313番地の24伝馬町中央ビル7F

アクセスマップ

【電車:遠州鉄道】
新浜松駅徒歩6分

ザザシティーから徒歩2分

053-413-5510

【お問い合わせ時間】
平日 9:00?18:00

メールからお問い合わせ

障害年金相談表ダウンロードはこちら障害年金相談表ダウンロードはこちら
PDF相談表はこちら
WORD相談表はこちら