HOME>障害年金を知ろう!>障害年金の受給事例>【就労中】大腸がん(人工肛門)で障害厚生年金3級を受給できたケース

【就労中】大腸がん(人工肛門)で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者:男性(60代)/会社員

傷病名:大腸がん

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:約607万円

決定した年金額:約115万円

ご相談時の状況

5年以上前に大腸がんで人工肛門を入れ、退院後は経過観察しながら正社員の仕事を続けていました。私共のチラシをご覧になり「自分の状況ではどうなのか。アドバイスを頂きたい」と無料相談会にお越しくださいました。良くわからないので聞きたかったが、近くで聞けるところがあったから、とおっしゃっていました。

ご依頼から申請までのサポート

入院関係の資料を保管されていたのでそれをもとに病歴をまとめました。初診日ははっきりしており、お医者様が受診状況等証明書を丁寧に書いてくださったのですが、入院中にわかった別の病気についての記載もあり、どの部分がどの病気についての記載なのか判別に迷う箇所があった為、提出前に補足を依頼しました。また、通院頻度等の関係で診断書の有効期限に余裕がなかったため、期限切れにならないよう注意を払いました。

結果

障害基礎年金2級が決定しました。

初診日から1年半経過前に人工肛門を入れていたため、最大5年の遡及請求が認められ、ご本人も驚いておられました。

ありがとうございます、と喜んでいただけました。

 

障害年金の受給事例の関連ページ

無料相談実施中 「障害年金のHPを見た」とお伝えください! ご相談の流れはこちら
  • よくあるご質問
  • メールでお問合せ
  • ご相談の流れ
  • 料金表

浜松・静岡障害年金
相談センターについて

事業所概要

運営:アイアール障害年金相談センター

〒430-0935
静岡県浜松市中区伝馬町313番地の24伝馬町中央ビル7F

アクセスマップ

【電車:遠州鉄道】
新浜松駅徒歩6分

ザザシティーから徒歩2分

053-413-5510

【お問い合わせ時間】
平日 9:00?18:00

メールからお問い合わせ

障害年金相談表ダウンロードはこちら障害年金相談表ダウンロードはこちら
PDF相談表はこちら
WORD相談表はこちら