HOME>障害年金を知ろう!>障害年金の受給事例>初診日証明に苦労するも慢性腎不全により障害厚生年金2級を受給できたケース

初診日証明に苦労するも慢性腎不全により障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:男性(50代/無職)

傷病名:慢性腎不全

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

ご相談時の状況

ご自身で障害年金請求手続きを進めておられました。透析をはじめているので症状は該当すると思うが初診日の証明がとれず困っている、なんとかならないだろうか、とホームページで当事務所を見つけご連絡くださいました。

相談から請求までのサポート

最初の病院は、病院のパソコンに終診年月日のみが残っているという状態でした。発症が20年以上であり、転勤もあったことから、いくつもの病院に通院されていました。きちんとした病院の証明がとれたのは4つ目の病院でしたので、それ以前の受診については第三者証明を揃えるなどあきらめずにできる限りの書類を揃えました。すべての書類を揃えるまでにかなり時間がかかり、最初にご自身で進めていた診断書の有効期限が途中できれてしまう等ありましたが、ねばり強く一つ一つ進めていきました。

結果

障害厚生2級の受給が決定しました。

決定するまで初診日が認められるかどうか本当に心配でしたが、当事務所へのリクエスト「障害年金をもらえるようにしてほしい」にお答えでき、本当に嬉しく思います!

障害年金の受給事例の関連ページ

無料相談実施中 「障害年金のHPを見た」とお伝えください! ご相談の流れはこちら
  • よくあるご質問
  • メールでお問合せ
  • ご相談の流れ
  • 料金表

浜松・静岡障害年金
相談センターについて

事業所概要

運営:アイアール障害年金相談センター

〒430-0935
静岡県浜松市中区伝馬町313番地の24伝馬町中央ビル7F

アクセスマップ

【電車:遠州鉄道】
新浜松駅徒歩6分

ザザシティーから徒歩2分

053-413-5510

【お問い合わせ時間】
平日 9:00?18:00

メールからお問い合わせ

障害年金相談表ダウンロードはこちら障害年金相談表ダウンロードはこちら
PDF相談表はこちら
WORD相談表はこちら