HOME>障害年金を知ろう!>障害年金の受給事例>知的障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

知的障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:男性(50代)/会社員

傷病名:知的障害 他の不安障害

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

決定した年金額:約100万円
 

ご相談時の状況

うつ病で通院を続けながら何十年も同じ会社で働いていたが、3か月程前から会社に行けなくなり、休職中の状態でご夫婦で相談にお見えになりました。

ご本人は、どうしたら良いのかわからないご様子でしたが、奥様のサポートを頂きながら手続きを進めることになりました。

相談から請求までのサポート

初診時から会社にお勤めされていたこと、ご本人、ご家族によると当初から現在までうつ病とのことから、障害厚生年金での請求を考えていましたが、できあがった診断書の病名は「知的障害 他の不安障害」でした。医師に確認し、病名はこれで間違いないとのことでしたので、障害基礎年金での請求となりました。

知的障害は障害基礎年金での申請になること、他の不安障害(F41)は原則として障害年金の対象とならないことから、認められるかどうか非常に心配でした。しかし、お医者様が診断書に日常生活、予後についてしっかりと記載してくださいました。また、これまでの就労状況について丁寧にヒアリングをし、病歴就労状況等申立書にまとめました。

結果

障害基礎年金2級が認められました。請求から2か月での決定でした。

 

 

障害年金の受給事例の関連ページ

無料相談実施中 「障害年金のHPを見た」とお伝えください! ご相談の流れはこちら
  • よくあるご質問
  • メールでお問合せ
  • ご相談の流れ
  • 料金表

浜松・静岡障害年金
相談センターについて

事業所概要

運営:アイアール障害年金相談センター

〒430-0935
静岡県浜松市中区伝馬町313番地の24伝馬町中央ビル7F

アクセスマップ

【電車:遠州鉄道】
新浜松駅徒歩6分

ザザシティーから徒歩2分

053-413-5510

【お問い合わせ時間】
平日 9:00?18:00

メールからお問い合わせ

障害年金相談表ダウンロードはこちら障害年金相談表ダウンロードはこちら
PDF相談表はこちら
WORD相談表はこちら